2012年04月18日

青春的那些事

友誼不用碰杯,友誼不必友誼,友誼只不過是,我們不會忘記。青春的命盤裏,包容了那壹場場刻骨銘心的風花雪月,俠骨柔情,也沈澱了鐵馬金戈,肝膽相照。“兄弟”這兩個字從來都不需要注箋,因爲我們早在兩拳的重重相擊臂膀相擁的粗犷中讀懂了壹切。青蔥歲月,有太多的相知相惜,不是無情,亦非薄幸,只是我們壹生中會遇到很多人,可是真正停留駐足的又有幾個呢?不過是妳,不過是我,不過是曾經和我們血淚相擁,淺歌慢行的稚弱腳步罷。

  兄弟,是相視壹笑的心有靈犀;兄弟,是不必言語;兄弟,是兩肋插刀的毋庸置疑;兄弟,是把背後交給妳。不必說,真的什麽都不必說,那些明媚的單車歲月,妳追我趕,肆意狂奔,相擁而泣的時光,終是壹去不複返了。流光容易把人抛,我從來都知道;生命是終將荒蕪的渡口,甚至連我們自己都是過客,我從來都知曉;可是,我也從來都相信,我們的故事,不是渡口。立馬北風寒,回首孤雲白,無論光陰如何沈湎,我依然識得妳清瘦的容顔。只是好兄弟,任妳流浪,任妳遷徒,請記得將靈魂回寄我,待到經年,我們把酒言歡,狂歌痛飲,同訪雁丘處,可好?

  青春是什麽?迷惘,憂傷,艾怨,無所適從,無家可歸,無言可語……人的壹輩子,也許再沒有比青春期更落寞的時期,落寞的像喪家之犬。這似乎是發自地獄的聲音,可是麥家這樣講的時候,我竟然無力反駁。從來沒有過的茫然無措,分不清方向,辨不明阡陌,前進或者倒退,好像都是錯的。世事茫茫,山川曆曆,不盡憑欄思,攬愁而上,拾階而行,沒有人可以破譯我們微沈的唇角,不爲愛恨,不爲情仇,只爲渺茫的前方。

  我們如喪家之犬流離在這塵世間,寂寞到痛哭流涕,彷徨到無所適從,輾轉反側,亦不知所尋,亦不知渺萬裏層雲,千山暮雪,只影向誰去?向誰去?愁心壹片,又怎會再濯纓歌?這般脆弱的年紀,輕輕壹個無心的觸碰,挑起的便是壹根命弦,壹曲愁歌。沒有人知道這是怎樣的驚惶,怎樣的疼痛,唯有經曆。即便這種種迷茫與不確定隨年華逝去,可是那些成長的傷痛已潰爛入肌理,疼痛蝕骨。很多年後,我們依然挂懷這眼角的憂傷。

  我們把青春認作來日方長,可如今,才肯對自己誠實。青春不過稍縱即逝,可是那些故事,寫在命運裏,俯拾皆是。終究,我們走過來了,留下那些愛恨情愁,融入肺腑,成就壹段江湖。

  這壹切,仿若夢壹場,如今醒來,看當時明月,卻依舊記憶芬芳,而在這壹場江湖中,我們終是贏了,贏了時光,贏了記憶,贏了這壹程。因爲,我們還在前行。
  


Posted by uict at 17:47Comments(0)

2012年04月11日

こんな一面の竹林-竹寻幽の旅

日、靑の色、風、優しい口調で、何雲がゆっくりと漂う。また物見遊山のいい日、書いた文章を打ち捨てる壹半、壱襲遊びの装い、壱部のカジュアルな気持ち、踏んで雪山罗汉竹寻幽の旅。

大雪山は、四川と雲南限界であったのが、靜脈曲張経軍の足跡と紅軍の墓も、ここで逃げに囚われて埋め军魂黄土のこの長。

大雪山は敷地万ムーの罗汉竹竹林、先輩の紹介は紅軍の長徴の草原に2万5千年、席を整える雪山を眺めて見ると壱片花が咲く齐根竹、死の掃除され、隔年で国に竹は不思議に生まれ変わる盛事。

漫歩雪山羅漢竹林、手の届く竹、ほっそりして、枝を伸ばしているし、壱片緑、緑鮮やか、緑の美しい。手当たり次第片緑を入れて唇、そっとが鳴り響いて、まるで空気も緑になって、気持ちも緑に入って、まるで緑の海。

路に沿って竹林を踏まえて竹林にパスを階段で、まっすぐに竹林の奥へとは、竹、すべての壱すべてフェード視線。ますます近づく繊のショーの竹、足もますます優しくて、もしかすると竹のため、すっかり溶け込ん清の弱々しい竹林の中。

好きな竹の素樸で、厚化粧の外見は艷拭いて美しい。壱陣の山風は吹いてきて、見て、竹と軽やかに揺れる優雅、さわやか;聞いて、笹の葉をがさがさとささやき、優柔相談。教養の竹林に溶け込んで、竹の風韻を味わって、ファンが駆けつけ中、私はリラックスを縦横無尽に。

通り抜け壱竹小路は、目の前に九座の緑の山の峰と密接に囲まれ、高3百メートル、九角、九方、靑竹似合うように壱枚天然絵。何人の娘、小賄い林間の子が、竹、峰を見つめて、時に描数筆、表情が集中する。

竹林の奥へと続く歩いていって、依竹で座って小憩を離れ、竹はもっと近く、また少し近い、細く聞いて竹の囁きを楽しみ、竹の趣、悟り竹の静寂で、黙々と寄り添って竹林に壱種、飄々とした感じ。今、竹くんを貴重な静寂をくれた。心の静、山静か、竹林静。

静の極緻を想像し、月明かりの下で竹影フロート、このはどのような光景ですか?があるらしい虚无飘渺の幻覚を念頭に、壱竹庭、壱方、壱巻軽い読み物、壱つの親友、閑雲野鶴のような小さな隠れ日、どんなに満足してます。

つのカットでぶらぶら歩いて竹林を縛られ、超然としない。非も、恩讐にせよ、轻如鸿毛つのカットは、重要なのは、重要でない、そんなに小さくなる。実は、生命もとても簡単で、あまり区別、いわゆる差別は、すべての人は同じの選択、同じの追求だけ。

夕陽さす、帯著壱体淡い竹の香り帯著壱身竹の緑帯著壱種、清の弱々しい気持ち、ゆっくりと出て靑靑の竹林、見つめ竹林、長い間離れたくない。私は、甲殼素すべての繁華な時間の流れ去り行く雲につれ、きっと消えていって、澱みのは永遠にあの不変の甯静。

壱曲俗っぽい詩『竹』と賞賞口竹、静かに回緑の夢。壱人を掬平然として、いくつかのビーム静かで、そのまま君子情。深い愛この靑々と竹の、好きで独りで味わい竹雅、竹韵、竹幽、竹の情……
  


Posted by uict at 18:09Comments(0)