2012年04月11日

こんな一面の竹林-竹寻幽の旅

日、靑の色、風、優しい口調で、何雲がゆっくりと漂う。また物見遊山のいい日、書いた文章を打ち捨てる壹半、壱襲遊びの装い、壱部のカジュアルな気持ち、踏んで雪山罗汉竹寻幽の旅。

大雪山は、四川と雲南限界であったのが、靜脈曲張経軍の足跡と紅軍の墓も、ここで逃げに囚われて埋め军魂黄土のこの長。

大雪山は敷地万ムーの罗汉竹竹林、先輩の紹介は紅軍の長徴の草原に2万5千年、席を整える雪山を眺めて見ると壱片花が咲く齐根竹、死の掃除され、隔年で国に竹は不思議に生まれ変わる盛事。

漫歩雪山羅漢竹林、手の届く竹、ほっそりして、枝を伸ばしているし、壱片緑、緑鮮やか、緑の美しい。手当たり次第片緑を入れて唇、そっとが鳴り響いて、まるで空気も緑になって、気持ちも緑に入って、まるで緑の海。

路に沿って竹林を踏まえて竹林にパスを階段で、まっすぐに竹林の奥へとは、竹、すべての壱すべてフェード視線。ますます近づく繊のショーの竹、足もますます優しくて、もしかすると竹のため、すっかり溶け込ん清の弱々しい竹林の中。

好きな竹の素樸で、厚化粧の外見は艷拭いて美しい。壱陣の山風は吹いてきて、見て、竹と軽やかに揺れる優雅、さわやか;聞いて、笹の葉をがさがさとささやき、優柔相談。教養の竹林に溶け込んで、竹の風韻を味わって、ファンが駆けつけ中、私はリラックスを縦横無尽に。

通り抜け壱竹小路は、目の前に九座の緑の山の峰と密接に囲まれ、高3百メートル、九角、九方、靑竹似合うように壱枚天然絵。何人の娘、小賄い林間の子が、竹、峰を見つめて、時に描数筆、表情が集中する。

竹林の奥へと続く歩いていって、依竹で座って小憩を離れ、竹はもっと近く、また少し近い、細く聞いて竹の囁きを楽しみ、竹の趣、悟り竹の静寂で、黙々と寄り添って竹林に壱種、飄々とした感じ。今、竹くんを貴重な静寂をくれた。心の静、山静か、竹林静。

静の極緻を想像し、月明かりの下で竹影フロート、このはどのような光景ですか?があるらしい虚无飘渺の幻覚を念頭に、壱竹庭、壱方、壱巻軽い読み物、壱つの親友、閑雲野鶴のような小さな隠れ日、どんなに満足してます。

つのカットでぶらぶら歩いて竹林を縛られ、超然としない。非も、恩讐にせよ、轻如鸿毛つのカットは、重要なのは、重要でない、そんなに小さくなる。実は、生命もとても簡単で、あまり区別、いわゆる差別は、すべての人は同じの選択、同じの追求だけ。

夕陽さす、帯著壱体淡い竹の香り帯著壱身竹の緑帯著壱種、清の弱々しい気持ち、ゆっくりと出て靑靑の竹林、見つめ竹林、長い間離れたくない。私は、甲殼素すべての繁華な時間の流れ去り行く雲につれ、きっと消えていって、澱みのは永遠にあの不変の甯静。

壱曲俗っぽい詩『竹』と賞賞口竹、静かに回緑の夢。壱人を掬平然として、いくつかのビーム静かで、そのまま君子情。深い愛この靑々と竹の、好きで独りで味わい竹雅、竹韵、竹幽、竹の情……



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。